なぜひげは濃くなるのか?その原因を探る

ヒゲを気にする男性の多くが「ヒゲの濃さ」に悩んでいます。確かに、小さい頃はキレイな肌だったのに、大人になりひげ剃り後は青黒く、見た目にもあまり気持ちが良いとは言えないビジュアルになります。

では、何故ヒゲは濃くなってしまうのでしょうか。ここでは、その答えを探っていきましょう。

1. 剃り過ぎは仮説
一般的に言われているヒゲが濃くなる原因は“剃り過ぎ・抜き過ぎ”と思われています。

しかし、この説は今だ医学的にも証明されておらず、仮説として認識されているのも事実です。カミソリでヒゲを剃っている場合、剃った後のヒゲと前のヒゲでは切断面が広さが異なっており、黒い面積が目立つので濃くなったと錯覚しているのです。

2. 男性ホルモンによる影響
現在、一番有力ではないか、と言われているのが男性ホルモンによる影響です。そもそも男性ホルモンには「体毛の発育を促進する」という働きがあります。男性ホルモンの分泌量は人により違いはあるものの、ストレスの溜め過ぎであったり、乱れた食生活などホルモンンバランスを乱すと体毛が濃くなる傾向にあります。

自分がおかれている状況が不遇であれば、その状況に立ち向かおうと男性ホルモンの分泌量が増加するようなので、一度自身の生活を見直して行くというのも重要になって来るでしょう。

3. 人体の保護機能によるもの
ヒゲの濃くなる原因の主たる部分は、男性ホルモンに増加によるものと言われていますが、この人体を保護する機能によるものも関係しています。人間の体毛は無駄に生えている訳ではなく、外部からの異物混入を防ぐ役割から生えています。

つまり、空気が悪いところや、生活環境の悪い場所、不潔な状態の維持など、カラダにとって良いとは言い難い環境で長時間過ごすこと。

この環境で、ヒゲが肌を守ろうと濃くなっていくのです。

特に、喫煙などを習慣にしている方で、狭く圧迫されるような空間での長時間喫煙状態であれば、ヒゲが濃くなってしまっても仕方がないのです。

4. 栄養・運動不足による影響
ヒゲは、栄養不足や運動不足の状態だと伸びるスピードが上がります。

もちろん、太陽の下で運動を定期的に行う方の場合はヒゲの伸びるスピードが遅いそうです。ツヤの違いまで出て来るので、濃いと感じた方は、一度生活習慣を見直して見ると良いかもしれません。

ページ上部に戻る