ひげ脱毛の痛み

いよいよひげ脱毛に挑む。

となった時、多くの方が気になることがあると思います。
それは、「ひげ脱毛は痛いか?」ということです。

ここでは、そんなひげ脱毛の傷みに関して紹介します。

1. ひげ脱毛は痛い!
まず、ひげ脱毛をしようと思っている方に伝えたいのが「ひげ脱毛は痛い」ということです。技術の進歩により、脱毛は痛くなくなっていると想像していた方にはショッキングかもしれませんが、痛いというのが現実なのです。

痛さのレベルですが、針脱毛 > レーザー脱毛 > 光脱毛、の順に傷みがあります。この針脱毛ですが、針で毛根を刺しそこに電流を流す方法なので単純に考えても痛いと分かります。

さらに、レーザー脱毛の場合ですがこの施術は黒いものに反応を示すので、色白の方でなく色黒の方は非常に痛みを感じます。以前は、このレーザー脱毛は「ゴムではじかれるような痛さ」と表現されていたようですが、近年では技術の進歩があり、輪ゴムではじかれる程度ぐらいの傷みで済んでいるようです。

とはいえ、完全に傷みが消えた訳ではないので油断は禁物でしょう。そして、光脱毛なのですが基本的には傷みは他の二つよりも少なく、場合によっては痛さを感じない方もいるようですが、この施術は痛過ぎて我慢できない、という方もいるので一概にはいえません。

2. 人それぞれに痛さは違う
上記で述べたことは一般的に言われている内容です。ひげは髪の毛の次に体毛の中で密集度が高い部位とされているため、傷みを感じやすいと言われています。

つまり、このひげの密集度に関しても高い方と薄い方では感じる痛さは別になります。レーザーや光はメラニンに反応するので、色白の方より色黒の方のほうが痛みを感じます。なので、個人のひげの生え方であったり肌色であったりと、個人個人で痛みの違いがあるのです。

もし、ひげ脱毛を行おうと思っているのであれば、まず自分はどんなタイプなのかを把握していることも必要なのではないでしょうか。

ページ上部に戻る